写真教室-週1回から学べる写真学校「現代写真研究所」

写真学校 現代写真研究所

写真もあなたのことばです。

お問い合わせ電話番号

03-3359-7611

火曜ー土曜 13時から18時

コース案内

1年(月1〜2回)/6月開講 各ゼミ 定員15名程度

英伸三ゼミ(日本の農村、中国など写真集多数)
写真のテーマをどう発展させるかを学びます。どんな小さなテーマでも、そのことに強い関心を持ち、写真補表現の可能性を追求していけば必ず多くの人を感動させる立派な作品にすることができる、と私は思います。
授業時間:
第2・4火曜日:18時半〜21時
中村梧郎ゼミ(ベトナム戦争、環境問題などの取材)
フォトジャーナリズム中心のゼミです。想いを貫くにも、生き抜く上でも、表現手段を手中にしなければなりません。激動の時代に私たちは写真でどう立ち向かい、発表すればいいのでしょうか。それを学びます。
授業時間:
第3水曜日:18時半〜21時
金瀬胖ゼミ(「 ZONE」「東海村感光録」「浦廻」などの写真集)
一個の写真家・写真人として歩もうとする人のゼミ。写真家とは、映像が圧倒する社会にあっても己の眼の自由を貫く人、まだわからないにせよ何かを求めて真剣に歩き感応する人。全身を眼としてこの今を見る人。その写真をこの時代にきっと届ける人のこと、と私は思う。
授業時間:
第1・3金曜日 :18時半〜21時
尾辻弥寿雄ゼミ(鎌倉、長崎、パリなどの写真集)
人が生きるすべての事柄に関心をもち、そこに写真が寄り添ったとき、独りよがりの理屈が崩れ、新しい発見がうまれます。常に写真を発表するということを意識した授業を展開しています。
授業時間:
第2・4木曜日:14時〜16時半
入江進ゼミ(デジタルカメラ各誌に写真、執筆)
撮影現場では予想もしなかった対象に遭遇します。ファインダーに集中し、暑さも寒さも忘れて無我夢中でシャッターを切る。このリアルな現実をドキュメントする緊張感が、個性豊かな作品へとつながっていきます。
授業時間:
第1火曜日:14時〜17時半
飯塚明夫ゼミ(アフリカの人と風土を各種メディアで発表)
写真表現で大切なのは知識と技術、感性とセンス、テーマと好奇心。全て大切ですがもうひとつビジョン。ゼミではテーマをどの方向に展開してゆけば、より強く、より深い写真となるか探求していきます。
授業時間:
第2・4木曜日:18時半〜21時
金井紀光ゼミ(ヒロシマ、フクシマなどを取材し発表)
【新設】2016年6月開講
様々な撮影現場、対象との出会いを通して、時代や社会、そして人間について考えるきっかけとしたいと思います。その出会いの中から発見した何か。そのことが独自の視点となり、テーマにつながります。それを実践するため、撮影実習に力を入れます。
授業時間:
第2・4日曜日:14時〜17時

受講料

入学金:10,000円(税抜) 10,800円(税込)
受講料は各ゼミにより異なります。詳細はこちらから
※ゼミからご入学希望の場合は、講師による選考がございます。その際、別途5,000円(税別)の選考料が必要となります。

お申し込み

お申し込みフォーム、お電話(FAX)、ご郵送にて受け付けております。
お申し込みフォーム
お電話・FAX
FAXの場合は、必要事項をご記入された入学案内のお申し込み書をお送り下さい。
後ほど当校からご連絡さし上げます。

お電話:03-3359-7611(受付時間 火〜土:13〜17時)

FAX:03-3355-1462(24時間受付)

ご郵送
入学案内のお申し込み書に必要事項をご記入の上、ご郵送下さい。
後ほど当校からご連絡さし上げます。

〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12 沢登ビル5F

現代写真研究所 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12沢登ビル5F tel.03-3359-7611 fax.03-3355-1462