写真教室-週1回から学べる写真学校「現代写真研究所」

写真学校 現代写真研究所

写真もあなたのことばです。

お問い合わせ電話番号

03-3359-7611

火曜ー土曜 13時から18時

コース案内

1年(月1回)/6月開講 定員16名

カメラを触った事のない初心者、今まで自己流で写真を撮ってきた方、もう一度基礎から学びたい方も歓迎です。
写真は撮るだけでなく、自分で撮った写真を選ぶ力、プリントする技術、合評で仲間や講師からアドバイスを受け、そして発表する一連の行動を基礎から学べます。
※各種カメラの貸し出しについいては、事務局までお問い合わせ下さい。
授業時間:
土曜日:14時〜16時半(撮影と実技講習)/木曜日:18時半〜21時

撮影実習

街に出かけて自由に撮影します。それぞれの足で街を歩き、それぞれの視点で街を撮影します。
例・上野、中野、赤羽 等。

現像・プリント実習

銀塩の場合、モノクロフィルムを現像してネガを作る実習と、出来上がったネガを暗室でプリントする暗室実習。ファインプリントを目指します。
デジタルの場合、パソコンを使って(Lightroom)でのRAW現像実習を行い、プリントを学びます。

作品合評

合評によって写真を選ぶ力、見る力、並べ方、作品を発表するにあたって、テーマの絞り込みなどを事細かく話し合います。何を撮ったらよいのかわからない、最近写真が思うように撮れない、撮った写真から選ぶのがわからないということも、合評を通して講評を重ねて成長出来る貴重な時間です。

合宿による集中合評

夏と冬に2回、東京近郊で1泊2日の合宿を行います。
合宿先での撮影実習、作品テーマを検討したり研究する集中合評、生徒さん同士の懇親会など。

修了展展示

1年間の集大成として、都内ギャラリーで展示を行います。
展示するにあたり、準備から展示まで写真展を開催する流れを学びます。

カメラの構造・基本操作を学ぶ

写真史の講義

講師や先輩写真家たちの体験を聞く授業

猛暑の中での合宿は、写真への貪欲さを試された機会でした。何を撮ろうとしたのか明確で、私ならではの写真をめざしたい。
基礎科が始まって9回目の授業が合宿でした。自分の写真の講評を受けながら、ますます「写真て何?」の疑問が深まっています。
基礎科を選択し、座学や実践を経て自己発見や戸惑い己の眼で見た事を、網膜でなくフィルムに燃やす。写真とは何?以前より深く考える。


受講生作品例

受講料

入学金:10,000円(税抜) 10,800円(税込)
受講料:250,000円(税抜) 270,000円(税込)
※他講座を同時受講の場合の割引制度がございます。詳細は事務局までお問い合わせ下さい

お申し込み

お申し込みフォーム、お電話(FAX)、ご郵送にて受け付けております。
お申し込みフォーム
お電話・FAX
FAXの場合は、必要事項をご記入された入学案内のお申し込み書をお送り下さい。
後ほど当校からご連絡さし上げます。

お電話:03-3359-7611(受付時間 火〜土:13〜17時)

FAX:03-3355-1462(24時間受付)

ご郵送
入学案内のお申し込み書に必要事項をご記入の上、ご郵送下さい。
後ほど当校からご連絡さし上げます。

〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12 沢登ビル5F

現代写真研究所 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12沢登ビル5F tel.03-3359-7611 fax.03-3355-1462